長持ちさせる方法やしくみを一挙紹介

説明はしてもらえる?

良い歯科医かどうかを見分けるのはなかなか難しいかもしれません。しかし、よく見ればヒントが転がっています。今回は、治療の際のポイントに絞ってみていきましょう。

まずもって、例えば「説明せずに歯を抜こうとする」ならばNG。もっとも最近、そんな歯科医はほとんどいないとは思いますが。初診の段階で「抜きましょう」やそれに近しい事を言われるようなら「考えたい」と伝えてひとまず帰った方が良いかもしれません。

ちゃんとした歯科医ならば、まずはX線写真等を用いて患者さんの歯がどういう状況なのかを説明してくれるはずです。そしてその上で「よく考えてください」と言われて帰るはずです。初診というのは正常な判断力に掛けるもの。そのまま安易に抜いてしまうと、かえってお金がかかる事になってしまうかもしれません。

逆に、「『抜いてくれ』に簡単には応じない」方が良いと思います。急場の患者さんの「痛くて辛いからもう抜いてほしい」という言うなれば目先の気持ちに沿ってしまうのは、医師として無責任だと言っても過言ではないと思います。「どうしてもと言うなら、この次にしましょう。」として、痛みや腫れをなくすための治療を患者さんと一丸となって根気強く行ってくれるというのが良い歯科医だと思います。これで痛みや腫れが無事おさまれば、歯を抜くことなく自分の歯で食べる愉しみをもう一度味わえますから。