長持ちさせる方法やしくみを一挙紹介

口臭を予防するには

口臭予防の1つとしては、歯ブラシで歯を磨く際に、ご一緒に舌をクリーニングしていただくことです。舌の上には「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる汚れがたまっていることがあり、口臭のほとんどは、この「舌苔」によるものであるなどとも言われているそうです。ドラッグストアなどに行きますと、舌専用のクリーナーブラシが商品として陳列されておりますが、歯ブラシをお使いいただいても問題はないようです。ご注意いただきたいのは、力を入れてブラッシングしないことです。力強くブラッシングすることによって、歯茎や舌を痛めてしまったり、傷つけてしまう可能性がありますので、セルフケアとしてのブラッシングは、優しく丁寧に口内の汚れを取り除くことが大切です。また口臭がお口の中の汚れではなく、歯周病が原因となる悪臭もありますので、定期的に歯科検診を受ける中で、ご自身の口臭のチェックを行ってみてはいかがでしょうか。